2012年11月06日

【長城遭難】 死亡事故・再発 アミューズトラベル 〜リスク管理・丸投げ、アイセックとどう違う?

大雪山系で8人死亡事故も ツアー企画のアミューズ社 2012.11.5
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121105/dst12110509100005-n1.htm

中国河北省の万里の長城近くで、日本人3人が遭難したツアーを企画した旅行会社アミューズトラベル(東京)は、平成21年7月に北海道・大雪山系トムラウシ山(2141メートル)で登山客ら8人が死亡した事故でツアーを主催していた。

 同社によると、今回のツアーは「世界遺産・万里の長城グレートウォール・100キロトレッキング」で、10月28日〜11月5日の9日間の予定だった。

 トムラウシ山の事故は、大雪山系を縦走する50〜60代のツアー客15人とガイド3人が暴風雨の中で散り散りとなり、ガイド1人を含む8人が低体温症で死亡した。

 日本山岳ガイド協会が設置した事故調査委員会は、ガイドの判断ミスが一義的な原因とし、アミューズトラベルの安全管理にも問題があったと指摘。観光庁は10年12月、本社営業所の旅行申し込み受け付け業務を51日間停止する処分を出した。

続きを読む
posted by まとめ人(仮) at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 危険性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  12-09-06〜 現在の閲覧者数:
 12-09-01〜 現在の訪問者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。