2012年09月01日

【今北】 アイセックの問題点


813 :可愛い奥様:2012/09/03(月) 10:53:13.02 ID:9q+hNh640

 【アイセックの組織概要および問題点についての考察】
  http://togetter.com/li/361438?f=tgtn

 『被害者はSNSで連絡を入れるという姿勢をとっているが、
  これは参加規約にもあるもの。
  彼女はリスクを認識している。
  タクシーに乗れなかったのは空港の管理体制の問題であって、
  彼女のミスではない。』

  被害者がツィッターをやっていたのは、
  連絡が途絶えたときに家族が連絡できるようにするため。
  (現地新聞の情報 及び 参加規約に従ったもの)

  ※にも関わらず、家族がアイセックのメンバーに連絡した際、
   まともな対応を取らなかったという説がある。
  これが事実であれば、アイセックは組織として存続は無理。


=====================

 【アイセックの問題点】
  http://togetter.com/li/361438?f=tgtn

 引き続き事実に近い呟きを集めてみます。
 ※個人的な見解(マスゴミ的)

 1.被害者SNS連絡を入れるという姿勢をとっているが、
   これは参加規約にもあるもの。
   彼女はリスクを認識している。
   タクシーに乗れなかったのは空港の管理体制の問題であって、
   彼女のミスではない。

 2.参加規約解除項目ほぼない
   旅行者にリスクを認識しろというなら、
   解除権について詳細に記載していないのは大問題

  ※日本からはみんな見送った説が、
  その場合、解除権行使させないように脅迫したともいえる。

 3.被害者がルーマニア大使館の情報を見ても、
   鉄道の駅周辺でタクシーに気をつけろと書いてあったが、
   飛行場については書いていなかった。

   さらに空港HPには白タクは締め出したと書いてある。
   彼女が情報を集めると、
   空港安全だと思い込んでも 軽率でもなく
   過失があるとはいえない

 4.NPO法人で かつ 学生運営するというリスク
   非常に脆弱なシステムのまま、
   アイセックはこの3年間
   4倍の学生を送り出すことになった。

 5.手配ザルになったのも
   そこに原因があると考えられる。

   既に問題発生していたにも関わらず
   全て参加規約を振り回して
   自己責任で 学生に責任を押し付けて
   拡大のみを推し進めた
  
   既にこうした事件が起きるのは時間の問題だった。

 6.アイセックを擁護したいOB、OGは
   まずアイセックの規模が
   人的送り出しベースで
   4年間に4倍になったことを考慮されたい。

 7.別にインターンシップに参加したから
   必ずいい就職先がみつかるわけではない。

   これって詐欺っていうか捨身行ですね。
   補陀落渡海、もしくはニライカナイ。

   こうした思想って
   今の日本にも形を変えて生きているとも考えられます。


=====================

【ルーマニアの事件はなぜ起きた?】
 海外ではココが危険!!海外での対応など まとめ
 http://togetter.com/li/358438?f=reco1

 witterでつぶやかれている。
 「海外のココが危険」というツイートと
 「こうした方が良い」などの選りすぐりのツイートを集めました

posted by まとめ人(仮) at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今北 (まとめ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  12-09-06〜 現在の閲覧者数:
 12-09-01〜 現在の訪問者数:
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。